季節の変わり目、子供と母のケアーに・・・

我が家には小さい子供が二人います。

長男は最近毎日のように咳をコホコホとしていて、母としては心配な日々です。

風邪で7月に受診。熱は下がったものの、咳だけが続くのです。

8月から小児科に2週間に一度通い、今月から月に一度。

気管支が少し弱いのかしら・・・

喘息ではないようですが、はっきりと原因がわからずに、

処方されたアレルギーの薬を毎晩飲んで、現在は様子見です。

思い返せば、次男が産まれてからかしら、長男が体調を崩しやすくなったのは・・・。

陰陽五行では、内臓は感情とつながっていると考えられていて肺は悲しみ。

それを知り、長男の咳は寂しさや孤独感と関係しているのかも。。。と思ってみたり。

まだ授乳中の次男につきっきりになってしまう中、

長男ともなるべく一緒に過ごす時間を持ったり、

優しい言葉をかけようと気をつけてみたりするものの、

二人で悪さをすると、ついつい叱ってしまうのは長男の方だったりします。

病院で処方される薬を飲むのも大切なことだと思い飲ませていますが、

本当は薬に頼らずに、なるべく自然のものでの対処を心がけたいです。

精油はとっても頼りになりますし、食生活も大事ですね。

あとは、子供だけではなく母も自ら精神や肉体のバランスを保つこと。

夜中の授乳で寝不足だったり、ホルモンのアンバランスでイライラしていたりすると、

ついつい怒りっぽくなって言葉も荒くなってしまいます。

きつく叱ってしまった後「あ~やってしまった・・・」といつも後悔します。

傷つけてしまったのではないかという罪悪感でいっぱいになります。

そんな時は、ブレンドオイルの「リリース」を手のひらにとり、

子供や自分に対する怒りを吐く息と共に手放してみたり。

罪悪感には「アクセプタンス」や「フォーギブネス」を塗ってみたり。

しばらくすると、「あれ?私何に対して怒っていたんだっけか???」とすっかり気持ちが晴れて、

ほっと、心が軽くなります。

YLの精油は100%天然のもの。

子供が間違って触ってしまってもそこまで心配するものではないし、

薬との併用も問題ないということで、

夜中咳き込んだりしたときは、精油を5分おきに1滴ずついろいろ試してみると、

症状は落ち着いてくるので、本当に助かっています。

季節の変わり目、体調も崩しやすく情緒も不安定になりやすいですが、

YLオイルがあると思うだけで、強い味方をつけた気分で日々を元気に乗り切れそうです。

 

 

 

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>